もし疲れ目を体感した時にはどんな対策が良い?

目が疲れると、物が見えにくくなったり、頭痛などが起こったりします。また、目の疲れをそのままにしておくと、視力が低下してしまうので、目の疲れというのはその日のうちに取っておきたいですね。疲れ目の対策はいろいろありますが、症状にあった対策を行うようにしましょう。

パソコンを長時間使ったり、細かい字を見続けたり、テレビを見たりした後は、目がしょぼしょぼしてしまうことがあります。これは、目を酷使することで筋肉が緊張し、血行不良になってしまうことで起こる症状です。しょぼしょぼ目になったら、血行を促進するのが一番なので、蒸しタオルなどを使って目を温めましょう。

タオルを水で濡らし、レンジで30秒から1分ぐらい温めて、じんわりと温かさを感じるぐらいになったら目の上にしばらく置きます。温かさによって血行が促進されるので、目の疲れを取り除けます。最近は目専用の温パックなどもあるので、こういったアイテムを使うと手軽に目の疲れを解消できます。

蒸しタオルを使えない状況の場合は、目の周りのマッサージが効果的です。眉頭の下の部分から眉毛の骨に沿って眉尻まで、目頭の部分から下まぶたを通って目尻までを優しくマッサージしましょう。

最後はこめかみの部分をぐっと押して刺激してあげると、目の周りの血行が促進されてすっきりします。 このような対策は、目の奥に痛みがあったり、目の疲れによってぼーっとしてしまう、というような症状にも効果的です。

反対に目が充血してしまっている場合は、眼球が炎症を起こしている状態なので冷やしましょう。 水で濡らしたタオルを冷凍庫に入れて冷やすか、氷水で濡らして、目の上に置きます。 これを充血が治まるまで繰り返すと、炎症状態を効率よく改善できます。

もし、仕事などで慢性的に眼精疲労が起こるという場合は、サプリメントを利用するのもオススメです。 ブルーベリーは目の疲れに効果的なアントシアニンを含んでいるので、目の疲れやかすみ目などの改善に効果的です。 普段からサプリメントで目に栄養を与えておくことで、事前に眼精疲労による症状を緩和する効果を得ることができます。

おすすめブルーベリーサプリはこちら

このページの先頭へ